初心者歓迎!育毛剤講座

似て非なるもの?養毛剤・育毛剤・発毛促進剤の違いとは?

育毛剤を探している方なら見かけたことがあると思いますが、育毛剤以外に、養毛剤、発毛促進剤なんて商品も出てきます。育毛、養毛、発毛、なんかとてもよく似た意味だし、毛が生えてくれれば問題がないわけですが、違いはあるんでしょうか?


養毛剤



脱毛を防止し、毛髪を保護するものです。 栄養成分、保湿成分、皮脂・フケを抑える成分などが含まれています。今ある髪の毛を守るのが役目といった感じでしょうか。


医薬品や医薬部外品ではなく「化粧品」と分類されるものが多いです。その分、使いやすいともいえますが、効果が薄かったりします。例えるならば、サプリメントと薬の違いのようなものでしょうか。


育毛剤



育毛剤とは、その名の通り、毛髪の成長を促すものです。抜け毛を予防する効果ももちろんあります。有効成分が配合され「医薬品」や「医薬部外品」に指定された商品が多いのが特徴です。


養毛剤と育毛剤を比べると効果が高いとされているのは、育毛剤。どっちも同じようなもんだと思っていた人は、よく覚えておきましょう。


発毛促進剤、発毛剤



毛母細胞に作用し、毛髪が抜けた後に新しい毛を生やすことを目的としています。


養毛剤と育毛剤は、今ある髪の毛に働きかけるものですが、発毛剤は、新らしく生えてくる髪に働きかけるといった感じですね。


発毛剤は「医薬品」に指定されたものが多いです。


以上のように、育毛剤、養毛剤、発毛促進剤は、化粧品、医薬品、医薬部外品などに分類されますが、1番効果効能があるのは医薬品。ただ、その分副作用のことも考慮しなければなりません。お医者さんや薬剤師の話をよく聞いて使うようにしましょう。




育毛剤の分類


育毛剤は、医薬品・医薬部外品に分類されることが多く、養毛剤は、化粧品に分類されること多い...といわれても医薬品・医薬部外品・化粧品の違いがよく分からなかったりします。知っておきたい知識なので簡単にまとめておきます。


「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」は、「薬事法」という法律で分類されているもので、次のように説明されています。


医薬品



「病気(疾病)の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの。」


いわゆる薬、配合された有効成分の効果がちゃんと厚生労働省に認められたものです。


医薬品の中でも、医師による処方箋が必要な「医療用医薬品」、薬剤師がいる薬局やドラッグストアで購入できる「一般用医薬品(大衆薬))に分けられます。


医薬部外品



「積極的に治療に用いられるものではなく、吐き気等の不快感、あせも、ただれ等の防止を目的として使用されるもの。また、口臭、体臭、脱毛の防止、育毛、除毛等の美容目的に使用されるもの。人体に対する作用が緩和なもの。」


治療というよりは防止・衛生を目的としているもの。厚生労働省が許可した有効成分が、一定の濃度で配合してあります。よく「薬用〇〇」という商品をみかけますが、これらはすべて医薬部外品です。


医薬部外品は、薬局やドラッグストア以外でも買えます。


化粧品



「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が緩和なもの。」


医薬部外品と比較したとき、もっと効能・効果がゆるいもの。薬局・ドラッグストア以外でも買えます。


人体に及ぼす作用が1番大きい、効果があるのが医薬品、次に、医薬部外品、そして化粧品。「だったら、医薬品だけでいいじゃん...」なんて思っちゃいますが、効果が薄い分、1番安全ともいえます。




以下、日本での育毛剤の歴史を見てみます。


江戸時代の育毛剤!毛生え薬。その成分は?


日本では、江戸時代からすでに育毛剤があり、販売されていました。それが、毛生え薬。今でもたまに耳にする名前です。


江戸時代から需要があったんですね。当時の人も毛が薄くなることに抵抗があったのかなと思いきや、理由は、髷(まげ)。ちょんまげです。



武士にとって髷(まげ)は、命。髷が結えないと武士は廃業、隠居せねばなりません。確かによく考えてみると、髪の毛が無くてツルツルの武士というのはイメージがわかないです。ラストサムライの渡辺謙さんはツルツルでしたが、あれはアメリカ製のフィクションですし、トップだから許されていたんでしょう。


武士と髪の毛とちょんまげのことは、NHKのタイムスクープハンター「髪結い ちょんまげ騒動記」という回でもあつかわれています。


髷(まげ)をゆっていたのは、武士だけではありません。さまざまな身分の人が髷(まげ)をゆっていました。武士のように廃業になることはないでしょうが、まわりの人が髷をゆえていて自分だけゆえないんでは、劣等感のようなもの感じちゃいます。


この辺は、いつの時代も一緒。髷(まげ)のために「毛生え薬」の需要があったんです。



江戸時代の毛生え薬の成分は、ミカン、ユズといった柑橘系の精油。柑橘エキスは頭皮の血行を良くして保湿してくれます。これで育毛環境を整えていたんです。


今ある育毛剤にも柑きつ成分が含まれている商品があります。ロングセラーの薬用育毛剤に「柑気楼」というものがありますが、これもみかんの柑きつ成分をメインに配合しています。


ちなみに、明治、大正になるともうちょんまげをしている人はいません。薄毛対策というより、洗髪の方に意識がいきはじめた時代です。(シャンプーは、大正時代から)



関連記事
飲む育毛剤(サプリメントタイプ)もある?!謎の成分ノコギリヤシとは?
飲む育毛剤(薬タイプ)プロペシアの副作用は?女性は使用禁止!
ミノキシジル系育毛剤には副作用が?!生え際・M字には効かない?!


初心者歓迎!育毛剤講座

 

育毛剤7番勝負!

 

男性用育毛剤人気商品

 

女性用育毛剤人気商品

 

育毛シャンプー人気商品

 

薄毛・禿げ対策集中講座 

 

AGA治療&植毛クリニック

 

ゴールドカード専用ラウンジ