薄毛・禿げ対策集中講座 

意外な伏兵が空に?!太陽の紫外線は髪によくない?


女性の場合には、日傘をしたり、紫外線カットの日焼け止めを塗ったりと、紫外線対策を心がけている方は多いものですが、男性の場合にはあまり紫外線に関して考えていない人が多いと思います。対策も特に取っていないと思いますが、実は紫外線というのはハゲる原因の一つなのです。



髪を守るキューティクルは毛髪の外側を取り巻くわずか1ミクロンの厚さの薄い膜で、非常に丈夫なのですが、紫外線を長時間浴び続けると、表面が乾燥して、その結果、キューティクルが剥がれてしまうんです。


キューティクルの表面は滑らかでツヤがあり、くし通りを良くする働きがあるのですが、キューティクルが剥がれると髪は傷み、弱くなります。


キューティクルが傷んだ髪は、シャンプーするとタンパク質が流れ出てしまうので、髪の強度が極端に弱くなって、薄毛の進行を促進してしまうのです。



その他にも、理由はあります。肌が紫外線を長時間浴び続けるとダメージを受けますが、同じように毛髪や頭皮にも紫外線は悪影響を及ぼすんです。


頭皮を乾燥させ、発毛・育毛に必要な水分までなくなってしまえば、当然抜け毛が増え禿げを進行させてしまいます。

そのため、薄毛やハゲになることを防ぐには、肌を日焼けから守るのと同じように、毛髪や頭皮を紫外線から守る対策が必要です。


帽子をかぶったり、肌に使用する日焼け止めクリームを髪の生え際や分け目などに塗るのも効果があります。



女性なら日傘を持ち歩くことで、紫外線から皮膚や毛髪を守れます。最近は男性も日傘を利用しているのを見かけるようになりましたね。注意したいこととして、晴れている日だけではなく、曇った日でも紫外線は出ているので注意が必要です。

それでも髪は紫外線を浴びてしまいますので、アフターケアが必要です。シャンプー後のトリートメントでキューティクルを守り、乾燥を回復させることが重要になります。


帽子は蒸れるから良くないんじゃないの?


よく、帽子をかぶると蒸れてしまうから禿げやすくなってしまう...という話を聞きます。確かにこれは本当です。湿気が高くなり、更に皮脂も分泌しているのでどうしても雑菌が繁殖するので毛が抜けやすくなってしまうようです。


特に薄毛の人は髪が乱れるという理由で一度帽子をかぶったら外したくないと思って、室内でもかぶり続けてしまう人がいますが、それにより長時間頭皮が密封空間になってしまい、さらに雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。


また、キツめの帽子を被ることによって頭皮の血行が悪くなってしまい、抜け毛の原因になってしまうこともあります。色々帽子って面倒な項目が多いから、紫外線に晒されたほうがマシなの?と思うかもしれませんが、紫外線は絶対に避けるべきです。


一昔前に比べて紫外線の力は強まっています。少し当たるだけでも細胞は簡単に壊されてしまいます。酸化して、どんどん頭皮は老化していってしまいます。絶対防ぐ努力をすべきです。



ですから、帽子を被るにしても工夫することが大切です。出来る限り通気性の良い帽子をかぶったり、締め付けないような緩めの帽子をかぶったり、汗をかいたらこまめに拭いたり、帽子を定期的に洗濯やクリーニングしたり...少し面倒かもしれませんが、それだけで大分変わってくると思います。


紫外線豆知識



曇った日でも紫外線は出ているとかきましたが、どれくらい降り注いでいるんでしょうか。


うす曇りの日だと快晴の約80パーセントから90パーセント。くもりの日だと、快晴の約60パーセント。雨の日でも快晴の約30パーセント。



くもりの日でもぜんぜん安心できません。結構出ています。雨の日でも快晴の三分の一くらいの紫外線があるというのは意外ですね。雨の日でも油断なりません。


雲の間から太陽が出ていることもありますが、その場合、雲からの散乱光が加わり、快晴よりも多い紫外線が観測されることもあるとのことです。注意してください。



関連記事
M字型薄毛・O字型(頭頂部)薄毛・U字型(生え際)薄毛とは?
将来禿げないために、改善したい生活習慣のポイントとは?
汗かきの人は要注意!禿げと汗の意外な関係


初心者歓迎!育毛剤講座

 

育毛剤7番勝負!

 

男性用育毛剤人気商品

 

女性用育毛剤人気商品

 

育毛シャンプー人気商品

 

薄毛・禿げ対策集中講座 

 

AGA治療&植毛クリニック

 

ゴールドカード専用ラウンジ