薄毛・禿げ対策集中講座 

育毛剤の正しい付け方・タイミング

通販などで育毛剤をせっかく購入して使っていたとしても、使い方が間違っていれば効果が半減してしまうことも考えられます。


このページでは、意外と見落とてしまいがちな育毛剤の正しい使い方や使うタイミングなどについて解説した動画をご紹介します。



ピットのニュース・コラム紹介 ~育毛剤の正しい使い方~


こんにちは、こんばんは、ピットです。それでは、ニュース・コラムの第143回をやっていきたいと思います。


育毛剤の正しい使い方ということで、まずですね、育毛剤っというのはどういう時に使うのかと言いますと、例えば抜け毛だとか 髪のボリュームが少なくなってきたとか、そういう時に主に使うもの。とういうことで、まずですね 抜け毛、薄毛ですね、髪のボリュームに関しての悩んでいる人が多いということで、日本の男性の薄毛率、27%ということで、かなりで高水準なことかと思います。



で、どんな人がまず薄毛になりやすいのかと言うと、髪が長いほうが逆に、そういう薄毛リスクがある。髪が短いほうがですね、通気性がイイというのがあります。そしてまたケアもし易いということ、そしてかな毛根が引っ張られるということですよね 伸びた髪の毛っていうのは。軽い力なんですけれども、毎日長年にわたり働く力っということで、かなりそういうの(髪が長いと薄毛リスクが高い)が多くなって来るようです。


そして目の酷使、目の酷使は血行不良、肩こり、そして眼精疲労による栄養消費などに影響しやすいということです。こういうのもかなり医学的にあるみたいです。そして、アルコール。アルコールはアセトアルデヒド、これは血液中の酸素の栄養を消費させるもの、頭皮に栄養を送るのも結果として育毛に悪い影響を及ぼしてしまうということです。


そして朝のシャンプー、汚れとともに毛穴にシャンプー成分が残りやすくなって痛み、抜け毛が発生しやすくなる。女性用シャンプーには保湿成分が多く含まれているために、頭皮から余分な油分を取ろうとしているのに対し、逆に油分を補給してしまう効果になる、特に乾かさないというのも影響があるみたいです。



そして、辛いもの。辛いものは血行を促進しやすそうなんですけれども、取り過ぎっていうのは交感神経を活性化、皮脂を分泌し抜け毛を起こす危険性があります。育毛にとって悪い食べ物と言うのは、身体の血流を悪くして毛穴を詰まらせる食べ物が、カレーだとか香辛料キムチなど。


そして、整髪剤ワックスなどこれは、結構な量が地肌に付き、このことによって毛穴が詰まるということがあります。代謝妨げ、毛根の弱体化などです。特に洗い流すということが大事になってきます。


それ以外にも、髪を洗いすぎるだとか、洗いすぎが逆に・・・ あと、刺激の与え過ぎ・・・


育毛、育毛といえばブラシということで結構ね、良くすることが大切だとされる時代も合ったんですけれども、ブラシで頭を叩いてもあまり効果が無いと考えられているために刺激の与え過ぎは禁物。


かなり逆効果で物理的に刺激を与えると、皮膚を修復するとに分裂増殖して消費細胞のフケとなって蓄積されてしまうために爪を立てた洗髪っていうのもダメですし、特に刺激を与える事はブラッシングに限らず良くないということですね。マサージなどはいいくらいという感じですね。



あと、乾かさずに放置 先程も言いましたが・・・乾かさないと、頭皮に湿気があるために微生物や菌などが繁殖しやすいということです。これは、フケや頭皮のかゆみになることも考えられます。繁殖する微生物や菌の種類によっては皮脂腺に入り込んで毛髪の栄養分を食べてしまうということで抜け毛の原因になる。


それ以外にも帽子、紫外線。帽子は頭皮が蒸れやすくなるために殺菌が繁殖しやすいっと言うのもあります。そして、紫外線はビタミンDを生成する必要な成分ではあるのですけれども、毛髪の髪が傷んで切れ毛とかになりやすい。頭皮から分泌された皮脂を酸化させるので、毛穴を詰まらせてしまう、毛穴を詰まらせることが基本的にはいけないこと。汗をかいたまま放置というのも非常にダメ、とにかく老廃物だとかを放置しないこと、ワックスだとかを 皮脂を大切にしないといけない、フケとか老廃物が溜まってしまうことで毛穴が詰まること。これが主な原因になっているということです。


ということで、育毛剤の正しい使い方。


まずは、使用のタイミングから。闇雲に頭皮に塗っても効果がなく塗るタイミングが実は重要。


多いの育毛剤は夜の使用を推奨。夜の時間と言ってもお風呂に入って直後を推奨している。この時間がなぜ良いのかというと、日中に溜まった汚れ古い角質が洗い流され毛穴もスッキリということでこの状態の頭皮に育毛剤を使うのが最も効果的。



時間帯は、髪の毛の成長 夜の10時から2時までがピークと言われていまして、この時間帯に起きていると髪の毛の成長がうまくいかない、出来ればこの時間帯には熟睡しているようにする。この時間帯というのは成長が上手くいかない、寝ている・熟睡していることが重要。そして、夜9時頃には育毛剤を使うことがベストである。


これが基本的に推奨される使い方なんですけれども、朝  朝は間違ってはいないんですけれども、お風呂に入ってシャワーを浴びたりするのは頭皮や頭髪にあまり良くない。朝にお風呂にはいるのは、さっきも言いましたが薄毛に繋がるということですので育毛剤の使用のみに留めたいところ。育毛剤によっては夜のみの使用を進めているものもあって、お風呂前に一度育毛剤を塗ったほうが効果があるとしている育毛剤もあるので、効果のあるタイミングが説明書に書かれている、それに従うことが必須です。


付け過ぎはマイナス効果で、毛穴を塞いでしまう可能性がある。付け過ぎはマイナス効果で多く塗りすぎると、それが原因で毛穴を塞いでしまう可能性があるとい事で、育毛剤にはちょうどいいバランスという成分が含まれているために、付け過ぎは良くない。そして併合、併用することも良くない。ということです。またすぐ育毛剤を併用することがいけない、成分の効能を抑制してしまうこともある。まずは、タイミングが重要ということです。



使い方としては、まず クシ。 正しい順序が必要でクシで髪の毛をまず解くこと。育毛剤は お風呂あがりに使用のが適任。もっとも効果があると入れているのは実は、お風呂に入る前に実は重要なスッテップがある。 風呂前にクシやブラッシで髪を解く、これがマッサージ効果。(髪)しっかり解けているとシャンプーが頭皮まで行き届くということで汚れをしっかり落とせるという段階がまず大事。



そして、シャンプーで洗髪っていうのは(ここが段階として重要)
まず、シャワーのお湯だけで1分ほど予洗いというのをしまして、これが重要だと。予洗いだけで汚れの8割が落ちる。その後シャンプーをしっかり手のひらで泡立ててから揉むように洗う。そして、指や爪を立ててしまうのは逆効果。優しくマッサージするようにというのが良かったですね。
この時間を1分~1分半。これは、シャンプーが残っていいるのが一番良くないので、すすぎが大事。


順序的には、育毛剤を付けることになるのですけれども、頭皮に付けることを意識。育毛剤を付ける前にですね髪を完全に乾かすのかどうかですが、これは使用する育毛剤によって変わってくるんですね。乾かす必要がある育毛剤もあれば、タオルドライ程度にしないと有効成分が毛穴まで入り込まないというものもあり、そういうものはちゃんと言うとおりにしないといけない。
使用している育毛剤の使い方に従うことが大事。


乾かす場合は、ドライヤーを使用。 自然乾燥だと待っている間に菌が繁殖してしまうということで、ドライヤーで乾かすことが大事。液体の育毛剤を多くつけると顔に流れ落ち、目に入ったり口に入ったりする恐れがあるため多くの育毛剤には害がないようにできていると思いますが、入った場合は直ぐに洗い流すようにする。



(育毛剤を付ける際も) シャンプーの時のように指の腹で優しくマッサージする、この感じがいいようですね。洗髪するときも育毛剤を付けるときも、強く刺激しなくても有効成分が染みこむ、シャンプー後は頭皮がデリケートになっているので、ちょっとした力でも頭皮が傷ついてしまうので、特に男性は無意識に強くも見過ぎる方が多いので、注意したほうがいいのではないでしょうかね。


育毛剤の付け方っていうのは、用法通りにやるということが大事。基本的にはこんな感じでヤルのが良いのではないでしょうか。


初心者歓迎!育毛剤講座

 

育毛剤7番勝負!

 

男性用育毛剤人気商品

 

女性用育毛剤人気商品

 

育毛シャンプー人気商品

 

薄毛・禿げ対策集中講座 

 

AGA治療&植毛クリニック

 

ゴールドカード専用ラウンジ