毛髪で禿げチェック

昔は剛毛だったのに最近では細くてなんだか弱々しい髪の毛になった、前髪が前より短くなったなどの変化に気づきませんか?こんな兆候を感じたらヘアサイクルが狂いだしている可能性があります。血流が悪くなっていれば栄養素が髪の毛まで届いていない可能性があります。

 

男性の場合、特に前髪の変化はかなり危険な状態と言えます。
前頭部の薄毛はどんどん進化するので、早めの対策が必要です。

 

髪の毛のハリはありますか?弾力を失った髪は手でぺたっと押してみるとすぐ戻ってきません。髪が細くてもくせ毛でも健康ならハリがあります。
若いころは寝癖のついた髪は直すのが大変でしたが、最近寝癖を直したことがありますか?寝癖という言葉すら忘れていたというならかなり髪が弱ってきています。

 

パサパサした髪もやはり危険信号です。頭皮の油分が不足している、またパーマやカラーリングで髪そのものが傷んでいる可能性があります。
トリートメントや頭皮パックなどで、しばらく手当てを続けてみてください。

 

白髪の生え方もチェックしてみましょう。通常白髪は側頭部や生え際付近から現れます。これは老化現象ですから誰でも経験するのですが、頭頂部だけに白髪が生えてきたら、頭頂部の血液がよどんでいる可能性を疑いましょう。頭全体のマッサージをしたり、食事や睡眠などにも注意しましょう。

 

抜け毛の量が多ければハゲが進行しているという信号ですが、抜けた後の根元はどうなっているでしょう。正常な抜け毛なら根元が丸みを帯びて白いのです。丸みがなかったら髪が十分に成長しないまま抜けているということになります。

 

根元が黒い場合は老廃物が溜まっているということですからシャンプーを正しい方法で、こまめにしてください。また抜けた毛もうぶ毛のように柔らかく細いのであれば薄毛が進行している証拠です。

男性に多い禿げ

禿げは男性に多い症状ではありますが、昔に比べるとハゲ人口は増えていると言われます。今や薄毛に悩む日本人男性は3人に1人といわれ、約1,260万人にもなると推定されています。

 

人間関係のストレス、過酷な職場環境などからくるストレス、遺伝体質などさまざまな要因で発症する現代病といってもいいでしょう。

 

男性の禿げは、男性ホルモンが大きく関係しており、これを男性型脱毛症(AGA)といいます。AGAは進行型の禿げで生え際などの前頭部や、つむじあたりの頭頂部が薄くなります。最初は抜け毛が増え始め、生えてくる毛が短いうちに抜けてしまいます。最終的には細いうぶ毛ばかりになり頭皮が目立ちハゲたように見えます。

 

AGAは複雑なメカニズムで進行しますが、男性なら誰でもAGAになる可能性があります。けれど男性全員が禿げになるわけではないのです。
脱毛物質の影響を受けやすい体質の人と、そうでない体質の人がいるのです。

 

体質が先天的な要因とするなら、生活習慣や食習慣は後天的な要因と言えるでしょう。食事の偏りや生活の乱れ、ストレス、タバコなども髪を失う大きな要因となります。

 

まず生活習慣を見直して改善し、食生活も栄養の偏りを改めましょう。
そしてAGAに効果的な栄養素を補給することも大切です。サプリメントで補うのも良い方法です。AGAに有効な成分が配合された育毛剤やシャンプーを利用してみるのもいいですね。

禿げることへの恐れ

「禿げ」というと男性特有の加齢の現象ととらえがちですが、最近は若い男性や女性でもハゲる人が出てきています。

 

ハゲるというのは結果で、そのプロセスは薄毛から始まっているようですが、男性ホルモンが原因と言われれいますが、決定的な原因が解明されているわけではないようです。

 

そのため、身近な親族にハゲた人がいると「もしかしたら自分も・・」と心配をする人がいます。そういった人の中には、若いうちからハゲの予防対策をしているという人もいます。

 

男性ホルモンが深く関係しているハゲという症状は、予防できるものなのでしょうか、またハゲの進行をくい止めることができるのでしょうか。
近年、ハゲや薄毛に関する情報がたくさん発信されており、予防や改善が可能になってきています。

 

自分のハゲや薄毛の状態をよく知ったうえで、たくさんある方法の中から合ったものを選ぶようにしたいですね。

DHAサプリ
更新履歴